おしゃれなインテリア

民泊と大田区

おしゃれな部屋

さて最近では2020年に控えた東京オリンピックに向けて特に東京を中心に都市計画や開発が精力的に行われてきております。その中で注目されている事案の一つが民泊です。民泊とは旅館業法における市区町村の許可が降りないと行ってはいけない業務であり実は昔から届けを出さずに不法に行っていた者が多数存在したようです。そして今回この民泊と賃貸マンション経営との差はどのようなものがあるのかなどの物議を醸していました。
法律の曖昧さが生んだ議論となっています。さて今回このオリンピックに向けて真っ先に申請をし、認可されたのが東京の大田区です。大田区は羽田空港があるため世界中の外国人観光客を取り込みたいことによる施策でしょう。また大田区では昔から大企業を支える小さな工場がたくさん立ち並ぶ町でもあります。
最近では後継者不足や景気悪化による廃業など経済的面での明るい話には乏しかったことで有名です。大田区で問題になっていたシャッター街や工場跡地などの土地活用にうってつけであり、このオリンピックという経済的に嬉しい話から、民泊は今後の大田区にとって突破口となることでしょう。また民泊は世界的に人種やLGBTなどの差別問題を抱える一つの課題でもあります。法の整備と都市開発を早急に準備し成功に結びつくと幸いです。

pick up contents