おしゃれなインテリア

recommended contents

民泊ビジネス成功ための近隣への配慮

シンプルな部屋

民泊仲介のサイトを通して自分の空き部屋や物件を紹介するだけでビジネスができるという、この民泊ビジネスですが、副業としてサラリーマンが始めるケースも多くなっています。普段仕事をもっていても、サイト内でやりとりだけであればできるし、それを代行、仲介してくれる業者もあります。さらに鍵の受け渡しなども自分がやらなくても仲介業者を雇えばやってくれるということで、ほとんど丸投げのようにしてできるので労せずして収入を得ることも可能です。
とはいえ注意が必要なこともあり、それが近隣への配慮ということです。見知らぬ外国人が入れ替わり立ち替わり入ってくるような状況、黒人や白人アジア系など世界中から日本にやってくる人たちを宿泊させるということになれば、近所の人たちは怖い、不安、心配という気持ちになるに違いありません。
治安が良い日本とはいえ、やはりその面では深夜に出歩くことはしないようにとか、音を立てることへの配慮などを事前に伝えておくことはとても大切なことです。またこちらから先に先手を打つように、近所の人たちに話しておき、理解を求めることも良いかもしれません。そのようにすれば民泊ビジネスはとてもスムーズで問題のない楽しいものとなるでしょう。

民泊は誰でもできる

民泊は、誰でも出来るのです。仲介業者を介して、空いている部屋などを貸し出して誰かに泊まってもらうことや、住んでいない家などを貸すことで臨時収入になるのです。もちろんメンテナンスは必要ですが、いい条件だと借りる人は多いのです。駅に近いなど好条件ならばすぐに借り手がつくでしょう。また田舎などの不便なところはあまり借りられないかもしれませんが、昔の古い家などは日本に憧れてくる多くの外国人が借りることが増えてきています。
このように家や部屋を貸してできる民泊は誰でもできますし有効活用できるので利用するべきです。しかし問題もあることを認識するべきです。例えばマンションなどでは民泊が禁止になっていることもあるからです。泊まった人が騒いだりして近所とのトラブルを起こしてしまうこともすくなくないからです。このように問題もあることを知っておくべきであり、トラブルは迅速に解決しないとなりません。しかしトラブルが起きたとしても仲介業者や代行業者に頼んでおけば仲介、代行してもらえるので安心です。
また、多く借りられるようになるには料金も安くしておくのが無難ですね。外国人のかたはWi-Fiスポットを設備しておくのも好条件なのでつけておくのも一つの有効なものでしょう。畳などやちゃぶ台など古きよき日本の生活を体験できるようにしておくのも人気が出やすいみたいです。

民泊を始める前に知っておきたい民泊の定義

民泊をビジネスと捉えて始められる方や我が家をホストファミリーとして外国人を受けているようにしていこうと考えている方にとってまず民泊がどのようなものなのか知っておくことで後でのトラブルを引き起こすことを回避することができます。まず民泊の始まりは一般の民家に泊まることを指していました。
はじめはほとんどの場合、無報酬となっており、昔は交通機関や宿泊施設が整備されていないこともあって、見知らぬ人に無償でおもてなしをしていました。それからは都会に住む方が農家や漁村で体験するために農家民宿が行われ、田舎体験方の宿泊を民泊と呼んでいました。簡単に言うと今で言うファームステイに似ている面があります。2008年頃からは民泊の仲介サイトを通して、個人宅や投資用マンションを貸し出す流れになっていき、民泊ブームが始まりました。
定義としては宿泊用に提供された個人宅の一部や空き別荘やマンションの空き室などに宿泊することを指します。民泊ブームに火が付いた後は日本においても始められる方にとって国の制度が追い付かずに仲介サイトを使い無許可の違法民泊が増加してしまいました。それは従来の旅館業法で規制するとほとんど要件が満たされていない事があります。そのような問題から2017年以降は民泊の法整備が整うようになり、ルールに従った仲介サイトで民泊を始める方が増えていきました。

pick up contents